Home » ニュース » CB900F リフレッシュ Vol’2 エンジン分解編

CB900F リフレッシュ Vol’2 エンジン分解編

今日の東京は生憎の天気ですね...

前置きが全く思い浮かばない菅野です。

なので、サクッと本題へどうぞ...

続きはコチラ

さてさて今回はエンジンの分解編になります。

CB900F リフレッシュ Vol’1 分解編

前回は、↑コチラを御覧ください。

 

Exif_JPEG_PICTURE

写真は前回の終わりのやつです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

ではスタートです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

ヘッドカバーを開けてテンショナーを取り外すとなにか違う...

そうスプリングにゴムチューブが付いていないのです。

硬化して砕け散ったかな?

↑、結構よくあることです。

が、砕けた残骸は見当たらないので元々付けていなかったのだと思います。

 

Exif_JPEG_PICTURE

EXのスタッドボルトも忘れずに取り外します。

Remotionではポーティングを必ずやるので削るときに邪魔なんです。

全部すんなりと抜けてくれました。

ここも固着が酷くて苦労する場合が多々有ります。

 

Exif_JPEG_PICTURE

思っている以上にスムースに取り外すことのできたヘッド。

当然、外す前にはタペットクリアランスを計測して現状把握もしています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

燃焼室です。

まあ普通の蓄積具合ですね。

これからポーティングもして美肌にしちゃいます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

それではバルブを取り外していきますよ!

以前は写真上のオレンジ色の工具でスプリングを縮めてコッタを取り外して...という手順でしたが

いまは銀色の棒状の工具で一瞬で取り外すことが出来ます。

時間でいえば、1/10くらいに短縮できちゃいます。

取り付けもできちゃうので大変便利になりました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

基本、外した場所に戻すので位置管理もします。

バルブはダンボールですけどw

箱は、Remotion HID のやつですよ!

HIDのほうもよろしくお願い致します。

 

Exif_JPEG_PICTURE

先に進めましてシリンダーの取り外しとなります。

シリンダーを外すのにもコツがいります。

コジッたりフィンを叩いたりするのは絶対ダメですよ!

写真で見るとフィンが欠けていますが、一ヶ所 1万円で修正することも可能です。

※一応ですが、元々欠けてましたから...

シリンダーフィン修正の場合、もちろんシリンダー単体受付のみとなります。

この900Fは腰上までは開けたことがあるようで簡単にシリンダーを分割できました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

どうしても砂は落ちてきますので、オススメはやはりフルオーバーホールですね。

Remotionでは作業クオリティー維持などを考慮して状態により腰上のみの作業はお受けできないこともあります。

 

Exif_JPEG_PICTURE

テンショナーも取り外して確認。

 

Exif_JPEG_PICTURE

よく見るとクラックが入ってますね。

経年劣化で起こるのですが一度も交換していないとすれば30年以上なので当然の結果ですね。

 

Exif_JPEG_PICTURE

さらにシリンダーも...

赤丸の中にある黒ずみは錆びた形跡ですね。

しばらくエンジンを動かさない時期があったのだと予測できます。

オイルが完全に落ちてしまうとむき出しのスリーブは錆びてしまいます。

なので定期的に動かしていくのもメンテナンスなのです。

エンジンを暖気するだけでなく出来る限り走るほうがよいですよ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

腰下はミッションなどがゴソっと取れるので一瞬でバラせます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

エンジンの分解完了です。

こんごは計測と修正と内燃機加工と進んでいきます。

その他にチューニングメニューとしてポーティングやバルブポリッシュなどを施していきます。

では、また次回をお楽しみに!