Home » Remolog » RemotionTECH フォークチューニング » Remotion TECH ForkValve 施工例 RZ350R

Remotion TECH ForkValve 施工例 RZ350R

YAMAHA RZ350RにRemotionTECHフォークチュンーニングを施しました。

rz35-13.jpg

通常通り先ずは分解し、パイプシートの形状及びサイズを確認します。

rz35-1.jpg
rz35-2.jpg
rz35-3.jpg
rz35-4.jpg

このパイプシートは少々珍しい構造になっており、内・外二重構造となっております。パイプシートの形式でなんとかバージョンアップを図った結果の様です。

圧側オリフィスはバルブを追加するには小さいので拡大加工して減衰制御をバルブに全て移行し、オイルロックピースも5mmほど長さを詰めます。

rz35-5.jpg
rz35-6.jpg
rz35-7.jpg
rz35-8.jpg

加工を終えて、全てを洗浄し新しいメタル・シール類に交換して組み立てます。スプリングも交換しましので、まず規定油面でノーマルスプリングを入れ、実地油面を測定します。その上でバルブを入れてから油面を計算して調整します。

rz35-9.jpg
rz35-10.jpg
rz35-11.jpg
rz35-12.jpg

フォークを車体にセットアップし、テスト走行をしてシムセッティングの確認を行い終了となります。
rz35-14.jpg