Home » Remolog » RemotionTECH フォークチューニング » Remotion TECH ForkValve 施工例 FTR

Remotion TECH ForkValve 施工例 FTR

HONDA FTRにRemotionTECH HyperForkValveを組み込みました。

ftr08.jpg

FTRはパイプシートとカラーの加工もしくは加工済みパイプシートとカラーの交換が必要になります。

今回はバルブキットをお買上げ頂き、Remotionにてパイプシートの加工及びバルブの組み込みを行いました。

ftr01.jpg
ftr02.jpg
ftr03.jpg

車体からフォークを外し、トップキャップ・カラー・スプリングを外します。ボトム裏側のボルトを外しパイプシートを取り出すのですが、この際必ずフォークを全屈状態にしておきます。全屈状態にしておくことでオイルロックピースを固定しておく事が出来ます。

ftr04.jpg
ftr05.jpg

次に外したパイプシートのオリフィス加工とスプリングカラーの加工を行い洗浄して、同じ様に組み立てます。
ftr06.jpg
ftr07.jpg

バルブを入れてエア抜きをしてからオイルレベルを調整して組立、車体に組み付けて完了となります。