Home » Remolog » RemotionTECH フォークチューニング » Remotion TECH ForkValve 施工例 CBX

Remotion TECH ForkValve 施工例 CBX

HONDA CBX ’79にRemotionTECHフォークチューニングを施しました。

11040401.JPG

ダストシールにはクラックが入り、シールストッパーに錆が発生しております。
11040402.JPG11040403.JPG11040404.JPG

また、フロントを浮かした状態でステムを確認したところ動きが渋く、合わせてステムベアリングの交換も行いました。
11040405.JPG11040407.JPG11040408.JPG11040409.JPG

分解及び点検を行います。インナーチューブの曲がりが2/100というのはこの年式としては良い方だと思います。
11040410.JPG11040411.JPG11040412.JPG11040413.JPG

パイプシートのオリフィス加工とオイルロックピース加工を施してバルブの準備をします。
11040414.JPG11040415.JPG11040416.JPG11040417.JPG

全てを洗浄し、今回はチューニングとして施工しておりますのでフォークスプリングも交換して組み上げます。
バルブを入れてから油面調整して車体に組み付ければ完成です。テスト走行を行い必要な場合はシムのリセッティングを行います。
11040418.JPG11040419.JPG11040420.JPG11040421.JPG