Home » Remolog » RemotionTECH フォークチューニング » Remotion TECH ForkValve 施工例 CB1100(SC65)

Remotion TECH ForkValve 施工例 CB1100(SC65)

以前エンジンのオーバーホールを行ったCB1100は同時にフォークバルブの組み込みも行いました。

1201241.JPG

オイル漏れも無く、距離的にもまだメタル交換までは必要なさそうなので、今回はオイル交換とバルブの組み込みのみ行いました。

先ずはフォークを外しオイルを完全に抜きます。

1204242.JPG

そしてこのCB1100はパイプシートの加工、交換などは必要ありませんのでもうこのままバルブを入れてしまいます。

1204243.JPG

オイルはMOTULのファクトリーライン#10に交換して油面調整。

1204244.JPG

フォークスプリングを入れ、キット付属のスプリングカラーに交換すれば作業は完了です。

1204245.JPG

1204246.JPG

パイプシートの加工や交換が必要ない車種は本当に作業も簡単で走りは変わります。

構造上フォークが稼働するときに若干音が出たりもしますが、それ以上に走ることが楽しくなると確信していますので、是非皆さんも体感してみて下さい。