Home » Remolog » RemotionTECH フォークチューニング » GB400のフォークチューニング

GB400のフォークチューニング

RemotionTECH HyperForkValveのラインナップに無いGB400のフォークチューニングを行いました。

12052116

先ずは状況確認です。続きはコチラ!

12052101

オイルも劣化しており、メタル類の摩耗も見受けられます。

12052102

圧側のオリフィスは拡大が必要無いぐらい大きいので、圧側の減衰力がほぼかからないよくあるフォークです。

パイプシートサイズがフォークバルブのラージとスモールの中間でアダプターを制作する方向になりました。

12052105

無垢棒からカラーを削りだし、バイパス穴を空けます。

12052106

これにハードアルマイトをかければアダプターの完成、フォークバルブ側も差込部の加工をします。

12052107

12052108

バルブが準備出来たところでフォークの点検と洗浄を行います。

12052103

フォークをオーバーホールする際は必ず曲がりを点検しておりますが、今回は問題ない様です。

12052104

スプリングカラーはバルブを組み込む分を加工し、フォークを組み立て。

12052109

12052110

12052111

12052112

12052113

これで完成です。今回はステムの状態も合わせて点検して欲しいとのご要望でしたのでベアリングも交換となりました。

12052114

12052115

ステムの動きが良くなりフォークの接地感もでるので乗りやすくなると思います。