Home » Remolog » RemotionTECH フォークチューニング » CBR1000RRフォークチューニング

CBR1000RRフォークチューニング

フォークチューニングはピストンロッドタイプだけでなく、カートリッジタイプも行います。

今回はレーシングチームRemotionのチーム員、MCのレースに出場しているCBR1000RRのフォークチューニングを行いました。

140118-10

続きはこちら!

先ずは分解と点検を行います。

140118-1

インナーチューブ自体の摩耗があり、シール交換しても数時間走るとオイル滲みを起こしてしますじょうたいでしたので、この機会にインナーチューブは交換します。

140118-2

ダンパーカートリッジを取り出し、バルブを取り外します。

140118-3

向かって左側が圧側、右側が伸び側のバルブです。このフォークはCBR1000RRレースベース車なのですが、何故こういった構造にしてセッティングしているのか少々考えさせられてしまいました。

どうしてもこのセッティングでのメリットが見いだせず、今まで通りRemotionTECHでのチューニングを施すことにしました。

140118-4

圧側は流量の大きいバルブに交換し、シムセッティングを行います。

140118-5

使用条件や車重、ライダーの好みを考えてシムを積んでいきます。

140118-6

その後伸び側もシムセッティングしてからカートリッジに組み込みます。

140118-7

今回はチタンコートされたTNK製インナーチューブに交換し、シール類もローフリクションタイプで組みます。

140118-8

そしてアウターチューブにはRUB-MAIT加工を施し、全体にローフリクションを目指します。

140118-9

組み上がるとなかなか見た目にもやる気のあるフォークに仕上がり、実際その後の走行ではボトムが始まってからのグリップが向上し、一日目の走行でベストタイムを1秒ちょい縮められたそうです。

レースセッティングでは乗り易さも重要ですがタイムが縮まなければ意味がないので、結果が出て一安心でした。