Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBXエンジン フルオーバーホール 2011No.6 分解その2

CBXエンジン フルオーバーホール 2011No.6 分解その2

11090119.JPG

ストレーナーはかなり綺麗な状態です、現オーナーのオイル管理は良いのだと思います。

11090120.JPG

11090121.JPG

スラッジなども少なく状態は良いのではないでしょうか。もちろんメタル類には摩耗及び傷が多少みうけられます。

11090122.JPG

ミッション、プライマリー廻り、コンロッドなどを外せば完了です。次はヘッド廻りを分解します。

11090124.JPG

11090125.JPG

11090126.JPG

燃焼室のカーボン蓄積は通常範囲と思いますが、やはりインレット側はポートへの吹き返しがかなり見られます。

11090127.JPG

バルブステムのガタは問題ありません。これで一通り分解作業は完了ですが、問題のクランクケースを確認します。

11090128.JPG

充填材の様な物で埋められており、一度剥がして状態を確認しました。クランクキャップの合わせ面がかなり削れておりましたが、もしここだけであればそのまま使おうかとも考えたのです、メインの締結部にわずかながらクラックが見られ、可能であれば交換した方が良さそうです。

時間は点検及び修正を行います。