Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBXエンジン フルオーバーホール 2011No.6 分解

CBXエンジン フルオーバーホール 2011No.6 分解

遠方より自走でご来店頂きました、CBXです。

走行されているので、大きな問題は無いのではと思いきや、いろいろと不具合がありました。

それでは分解に入ります。

11090101.JPG

テスト走行で感じられたのはやはりエンジンのばらつきがあること。もちろん気にしなければ普通に走れるレベルではありますが、オイル消費も多いとのことですので劣化している箇所は多いと思います。圧縮圧力およびバルブクリアランスは多少ばらつきはあるものの、まあ通常劣化の範囲でした。

11090102.JPG

11090103.JPG

11090104.JPG

EXは普通としても、IN側はかなり吹き返しなどが見られます。

カムキャップを外すと、右側が削れていてラバーが奥に押し込まれています、ここら辺りから少々不安になってきます。

11090105.JPG

11090106.JPG

分解しなければ詳細も解りませんので、作業を進めていきます。

11090107.JPG

11090108.JPG

カム自体が押された形跡はなく、ホルダーは無事で一安心。しかし右側に大きく転倒している事は確実でクランクキャップを外すと、

11090109.JPG

11090110.JPG

クランクエンドの六角が潰れ、ケース面が何やら修正してある様です。こちらは後ほど詳しく調べます。

11090111.JPG

11090112.JPG

11090113.JPG

ヘッド、シリンダーと外していきます。ピストンを外すと、

頭が錆びたコンロッドが出てきました。ピンにガタは無かったのでこのまま使えそうです。しかしということは、

11090129.JPG

11090130.JPG

ライナー内壁も錆が出ています。この様なエンジンがほとんどなので、大概の場合はピストンをオーバーサイズにする必要があります。

11090115.JPG

11090116.JPG

11090117.JPG

11090118.JPG

シフト回り、クラッチ回りを外し、クランクケースをひっくり返します。