Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBXエンジン フルオーバーホール 2011No.5分解

CBXエンジン フルオーバーホール 2011No.5分解

#1に火が入らないとの事で持ち込まれましたが、オイル上がりが酷くプラグが直ぐにかぶってしまう様です。まずは冷間ですが圧縮を測定すると、

#1/8.5 #2/8.0 #3/9.0 #4/10.0 #5/9.5 #6/10.3

11070201.JPGと言う数値が出てきました。プラグ清掃と簡単な調整をして何とか全ての気筒で火が入り暖機運転してから再度圧縮を測定すると、

#1/7.8 #2/8.3 #3/9.8 #4/10.2 #5/9.0 #6/9.3

ほぼ変わらないか下がってしまっている気筒もあります。オイル上がりでEXフランジからオイルが出てきてしまうぐらいですからピストンクリアランスは相当に大きいのではと考えました。では分解作業に入りましょう。

11070202.JPG
11070203.JPG
11070204.JPG
11070205.JPG

ヘッドカバーを開けるとオイルが焼けた匂いがかなりします、しかしカム山などには虫食いや傷など大きなダメージは無い様です。

11070206.JPG
11070207.JPG
11070208.JPG

カムシャフトを外し、ジャーナル部分を確認しますが、こちらもダメージは有りません。ジャーナルに大きな傷が入っているとヘッド交換になってしまうのでとりあえず一安心。カムチェンテンショナーBにクラックが入っていていつ破損してもおかしくない状態ですが、まあいつもの事です。

11070209.JPG
11070210.JPG
11070211.JPG
11070212.JPG
11070213.JPG

ヘッドを外すと#2シリンダーに深い縦傷を発見しました。油膜が切れたかカーボンでも噛み込んだものと思われます。シリンダー、ピストンと外していきます。コンロッドに曲がりや端部摩耗は無い様です。

11070214.JPG
11070215.JPG
11070216.JPG
11070217.JPG

シフト、クラッチ廻りを外してケースを裏返します。

11070218.JPG
11070219.JPG
11070220.JPG
11070221.JPG

オイルパンを外し、ケースを割ってミッション、プライマリー、コンロッドと順に外しクランクシャフトを取り外します。

11070222.JPG
11070223.JPG

アンダー側からシフトフォーク・ドラム、オイルポンプを外します。

11070224.JPG
11070225.JPG
11070226.JPG
11070227.JPG
11070228.JPG

ヘッドからバルブを外します。オイルがEXから出るくらいなのでバルブのガタが大きいかと思いましたが、さほどではなくガイドの打ち換えまでは必要無い様です。

これで分解は完了で、この後各部測定と修正に入ります。