Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.4組立

CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.4組立

今期も4期目が完成しました。

今回のエンジンをオーバーホールして改めて思ったのですが、走行距離が少なければ不動の期間がありこのエンジンの様にシリンダーライナーが錆びていたり、距離が多ければそれなりに摩耗・劣化しているので、どちらにせよ30年以上も経てばノンオーバーホールで調子の良いエンジンというのは無いのだなとつくづく思いました。

11051820.JPG

シリンダースタッドが錆びていたので、スタッドだけは耐熱塗装して、クランクケースに建てるところから始めます。

11051801.JPG
11051802.JPG

11051803.JPG
11051804.JPG
11051805.JPG
11051806.JPG

メタルを入れて、叩いて落ち着かせ、クランクシャフトを填めます。コンロッドを入れ順に締結、プライマリーシャフトの位置を合わせて入れます。テンショナーを取り付け、ミッションを入れればアッパー側の準備は完了です。

11051807.JPG
11051808.JPG
11051809.JPGアンダー側にシフトドラムとフォーク、オイルポンプを取り付けクランクケースを合わせ、順に締結していきます。

 

11051810.JPG
11051811.JPG
11051812.JPG
11051813.JPG

ピストンを内側から填めていき、シリンダーを填めます。ヘッドにバルブを組込準備をします。以前書いたようにバルブやスプリングなどを全てセットした状態でコッターを一気に填めるのですが、専用工具を使うと大体24バルブでも5分位でセット出来ます。

11051814.JPG
11051815.JPG
11051816.JPG
11051817.JPG

ヘッドを載せ、順に締結していきます。右側カムシャフト、左カムシャフトを順に取り付け、クラッチ廻りとシフト廻りを取り付ければ完成となります。

11051818.JPG
11051819.JPGまた今回は電装系に不安材料を残したくないとのご希望によりメインハーネスの交換と共にACGコンバージョンキットの組込も行いました。