Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.4点検・修正

CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.4点検・修正

先ずは点検から進めます。その圧縮が低かった原因がこちら。

11051701.JPG
11051702.JPG
11051703.JPG

シリンダーライナーで左から#1,#5、#3ですが、#1と#5はとても回っていたエンジンとは思えないほど錆があります。指で触るとハッキリと解るぐらい段付も出ております。これは0.25の純正オーバーサイズでは錆が取りきれないのは確実なのでこの時点で3mmオーバーのワイセコピストンが決定です。


11051704.JPG
11051705.JPG
11051706.JPG

クランクシャフトの曲がりを測定しますが、中心部分で2/100とこれはとても良い状態です。中心から離れたジャーナル部でも数値が大きくなることはなく、曲がり修正は必要ないようです。

11051707.JPG
11051708.JPG
11051709.JPG
11051710.JPG

IN&EXポートのスムーシングと歪みを取るための面研磨。

 

11051712.JPG
11051711.JPG

カムチェンテンショナーAのリビルト、カムシャフトジャーナル部のラッピングとバルブポリッシュ。

11051713.JPG
11051714.JPG
11051715.JPG

コンロッドの重量合わせ/0.1g以内。

 

11051716.JPG
11051717.JPG

ピストンの重量合わせ/0.1g以内。

11051718.JPG
11051719.JPG
11051720.JPG
11051721.JPG

ミッションドッグ部のバリ取り修正。

11051722.JPG
11051723.JPG
11051724.JPG

シフトドラム&フォークの摺動部ポリッシュ。

以上で修正が完了し、バルブシートカットなど内燃機加工を施して組立に入ります。