Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.3修正

CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.3修正

順に修正作業を進めていきます。

11041101.JPG
11041102.JPG
11041103.JPG
11041104.JPG

カムチェンテンショナーAのリビルト、IN&EXポートのスムーシングを行います。何機もやって慣れていても一番時間のかかる作業です。でもこの作業をするとしないとでは全然違うので絶対に手を抜けません。耐久性を落とさずピークパワーを稼げる数少ない部分ですし、距離を走ってからのパワーの落ち込みも少なくなります。

11041120.JPG
11041121.JPG
11041105.JPG
11041106.JPG

バルブのポリッシュを行います。磨き始めて何本目かで気付きましたが、EXバルブの1本にフェース面のクラックが入っているのを発見しました。磨く前はカーボンでクラックが見えなかったのですが、形状が焼けにラウンドしているとは思いました。何故こうなったのか色々考えを巡らします。他のバルブには全くこういったことは見られません。このバルブだけ何故?しかし既に起こってしまってからでは憶測の域を出ません。慎重にその他の部分を点検し、作業を続けます。

11041107.JPG
11041108.JPG

カムシャフトジャーナル部のラッピングをします。

11041109.JPG
11041110.JPG
11041111.JPGコンロッド&ピストンの重量合わせを行います。今回ピストンは純正オーバーサイズを使用しますので、ヘッド部分の鋳肌は落として一磨きしてから重量合わせします。

11041112.JPG
11041113.JPG
11041114.JPG

ギヤミッションドッグ部のバリ取り、シフトドラム&フォークの摺動部ポリッシュ。

11041115.JPG
11041116.JPG

上がっていたケーススタッド部は油路と繋がっている部分なのでネジスリーブを制作して埋め込み、合わせの8MM部はヘリサートを入れます。

11041117.JPG
11041118.JPG
11041119.JPG今回はスターターワンウエイクラッチとクラッチアウターのリビルトも行いました。

ここでエンジン外部部分を全て塗装(西村コーティング レーシング1000)に出して仕上がりを待ちます。