Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.2修正

CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.2修正

いつも通り先ずはヘッドから始めます。

11021501.JPG

今回のヘッドはカーボンの蓄積はまあ多少多い方かなと思うぐらいでしたが、バリが多くスムーシングをするのにいつもよりかなり時間がかかりました。

11021502.JPG
11021503.JPG
11021504.JPG
11021505.JPG

合わせてバルブのポリッシュしてヘッド廻りは終了。この後ヘッド面の歪みを取るために0.12mmほど研磨を行い、バルブフェース&シートカット・摺り合わせをします。

11021506.JPG
11021507.JPG
11021508.JPG
11021509.JPG

ピストンとコンロッドの重量合わせを行います。ピストンとシリンダーのクリアランス的には0.25mmオーバーサイズの純正ピストンでも対応出来るぐらいだったのですが、今回はオーナーのご要望によりWISECO鍛造ピストン3mmオーバーです。鍛造ピストンを使用する方がヘッドの研磨も必要ないですし、生産ロットも大体いつも同じ物が来るので比較的重量合わせも楽です。

11021510.JPG
11021511.JPG
11021512.JPG
11021513.JPG

メイン&カウンターシャフトドッグ部のバリ取りとベアリング・ワッシャー類の交換を行います。

11021517.JPG
11021518.JPG

シフトフォークとドラムの摺動部バリ取り。この車両も状態は良い方だと思いますが、ミッションも含めこの辺りが使えなくなるほど劣化・摩耗しているものは今のところほとんどありません。しかし稀にミッションのブッシュの摩耗が酷く、交換せざるを得ない車両もあります。

11021514.JPG
11021515.JPG
11021516.JPG

カムシャフトジャーナル部のラッピング(作業前後の写真です)、カムチェンテンショナーAのリビルトを行い、おおよそ修正作業は完了です。

その他プライマリーシャフトのベアリング類交換とか今回はスターターワンウエイリビルトは行いませんので清掃し、スプリングを強化タイプの物に交換 、またシリンダーも上面の部分は歪みが出ておりこれの研磨などを行えば終了となります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。