Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.1修正

CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.1修正

先ずはヘッド修正から始めます。

11020801.JPG

距離的にはこの年式の割りに少ない方だとは思いますが、やはりそれでも掛かる時間はさほど変わりません。

11020802.JPG
11020803.JPG
11020804.JPG

インッレット・エキゾーストポートのスムーシングとバルブポリッシュを行います。

11020818.JPG
11020819.JPG
11020820.JPG

±0.1g以内でピストンの重量合わせをします。結局鋳穴は純正オーバーサイズでは取りきれず、WISECO3mmオーバーとなりました。

11020811.JPG
11020812.JPG
11020813.JPG

11020814.JPG
11020815.JPG
11020816.JPG

メタル合わせが終わって使用するメタルが決まってからコンロッドは重量合わせをします。

11020805.JPG
11020806.JPG
11020807.JPG
11020808.JPG
11020809.JPG

ミッションドッグ部のバリ取り、シフトドラムとシフトフォークの摺動部をポリッシュ。このミッションは状態も良かったです。

その他の作業としては、

11020821.JPG
11020822.JPG

カムチェンテンショナーAのリビルト。

 
11020823.JPG
11020824.JPG

カムシャフトジャーナル部のラッピング。

 
11020826.JPG
11020825.JPG

まだ滑りは出ておりいませんがスターターワンウエイのリビルトと、ガタがありオイル漏れをしていたシフトシャフト部をカバー側にブッシュを埋め込む事で解消。ヘッドのテンショナーB部はやはり再度ヘリサートを入れる事は無理でしたので、ネジスリーブを制作する事で対処しました。

その他諸々点検して、組立を待ちます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。