Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.1分解

CBXエンジン フルオーバーホール 2011 No.1分解

今年も既に1機目が始まっております。

走行してご来店された車両なので、大きな問題は抱えて無いのですが、やはりオイル消費量がとても多いエンジンとの事でした。

いつも通りテスト走行を行い、エンジンの状況を把握しておきます。

11011401.JPG
11011402.JPG

プラグの焼け具合を見て、圧縮を測りましたが、全体的に低い数値となっておりました。

11011403.JPG
11011404.JPG
11011405.JPG

早速降ろして分解を始めましょう。カムの山やジャーナル部を点検しながら外して行きます。

11011406.JPG
11011407.JPG

前回書いたようにカムシャフトの内側を洗浄するとご覧の様な墨汁にも似た汚れが出てきます。テンショナーBに大きなクラックが入っているのが見えます。

11011408.JPG
11011409.JPG
11011410.JPG

ヘッド、シリンダーとピストンを順に外していきます。

11011411.JPG
11011412.JPG

クラッチなどの補機類を外し、クランクケースをひっくり返します。

11011413.JPG
11011414.JPG
11011415.JPG

ケースを割り、ミッション、コンロッド、ポンプなど順に外していきます。

11011416.JPG
11011417.JPG
11011418.JPG

これで一応大まかな分解は完了です。ここから先ずは各部を測定していきます。

11011419.JPG
11011420.JPG
11011421.JPG

クランクは限度値内ではありますが修正して”0″に近づけます。ピストンクリアランスを測定しようと確認していたら、ライナー内壁に鋳穴があるのを発見しました。この時点でボーリングする事は決定してしまいましたが、はたして純正オーバーサイズで取りきれるかが問題です。

11011423.JPG
11011424.JPG
11011425.JPG

ヘッドの分解をします。バルブやポートにはやはりカーボンの蓄積が多く、シートにも噛み込んでおり、これらが圧縮低減の主な原因と思われます。また、バルブを外す際は1本づつガタや曲がりを確認しながら外していき、番号を振り分けられたケースに収納していきます。

11011422.JPG
11011427.JPG

いつも分解した部品類はパートに分けて大体パレット3個に収めます。また今回このエンジンのテンショナーB調整ボルト部が純正出ないボルトに交換されており、また雌ネジ部にもヘリサート修正されているのですが、それが既に崩れていました。この部分はどう修正するか要検討です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。