Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBXエンジン フルオーバーホール 今年9機目

CBXエンジン フルオーバーホール 今年9機目

10100201.JPG

今回のエンジンはいろいろと問題があり、Remotionでストックしていた中古部品を随分と投入した感じです。

10100202.JPG
10100203.JPG
10100204.JPG
10100205.JPG

ヘッドカバーが後期モデルに交換されているのにマウントラバーは前期のまま。これぐらいなら全く問題ないのですが、カムチェンテンショナーBの取付ボルトが緩んでましたが、まだ外れてなかったのでこれも問題ありませんでした。ヘッドを外しピストンを見ると見たことのない形状。裏側にはALCOAと有りますが、やはり聞いたことのないピストン。クリアランス的に問題が有ったのかかなり縦傷が入っておりましたが、幸いな事にこのピストンの径が67mmだったので、WISECO3mmオーバーを使用することになりました

10100206.JPG
10100211.JPG
10100212.JPG

#6コンロッドの動きが渋く、外してみると案の定メタルが焼き付いております。その原因を調べていくと、なんと#6コンロッドのロッド側とキャップ側で違う組み合わせになっている。これでは焼き付いて当然。幸いクランクシャフトの傷は浅く再使用出来たので良かったです。

10100208.JPG
10100209.JPG
10100210.JPG

バルブスプリングを見ると社外品になっている、カムシャフトを良く点検してみると明らかにIN側の左右でリフト量が違う。

10100207.JPG
10100213.JPG

しかもパルサーコイルのビスが外れていたり、クランクケースメインボルトが曲がっていたり、普通こんなボルト曲がることは無いと思うのですが。一体このエンジンに何が有ったのでしょうか。

カムシャフト・バルブスプリング・#6コンロッド・メインスタッドボルト・ケースメインボルトなど色々と交換になってしまいましたが、部品は何とか調達出来たのでいつも通りファインチューニングとして組立できました。

10100214.JPG
10100215.JPG
10100217.JPG
10100218.JPG

ミッションドッグ部のバリ取り、シフトドラム&フォークの一部ポリッシュ、ピストン&コンロッドの重量合わせ(0.1g以内)、バルブのポリッシュやポートのスムーシングなどを行います。

10100216.JPG

今回アイドリング時のごとごと音が気になるとの事で、プライマリーギヤとスターターワンウエイのハウジングを’82年式の物に交換した上でリビルト。クラッチアウターの音は残りますが、こちらは後からでも出来るのでクランクケース内のこちらを優先しました。

10100219.JPG
10100220.JPG
10100221.JPG
10100222.JPG

何とか納得のいく仕上がりになりました。

10100223.JPG

いろいろと考えたのですが、多分液圧縮で#6コンロッドを曲げてしまい、中古を探して組み立てたのだと思うのですが、その手に入れたコンロッドが既に違う組み合わせだったのではないでしょうか。またカムシャフトも同じ様な理由で、年式など何にも解らずただ手に入れた中古部品で組立、ついでにボアアップでもと。

このオーナーは中古で手に入れたのですが、前オーナーも多分ほとんど走行はしていないと思います。エンジン自体はスラッジ付着も少なく走行がとても少ないエンジンに見受けられます。なので余計にもったいない様な気がしました。 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。