Home » Remolog » メンテ&カスタム » CB1100(SC65) エンジンフルオーバーホールNo.1

CB1100(SC65) エンジンフルオーバーホールNo.1

プラグの焼けから確認しようと思ったら持っているプラグレンチが合わない?

12020701.JPG

抜けてきたプラグは初めてみる品番LMAR8A?9S、新しい規格か?

12020702.JPG

12020703.JPG

ポートの状態を確認。勿論問題は無いもののポート自体は量産車然としたもの。しかもインシュレーターに段差があり、少々気になる部分。

12020704.JPG

タペットクリアランスも確認しておきます。走行もまだ少ないので大きくずれている所はありません。

12020705.JPG

12020706.JPG

オルタネーター、クラッチ、ピックアップなどを外し、

12020707.JPG

12020708.JPG

カムシャフトを外していきます。カム山やジャーナル部も筋は有りますが問題無いレベル。

12020709.JPG

ヘッドを外し、ピストンの確認。オールアルミの一体ライナーレスメッキシリンダー、現行車ですからコレぐらいは当然。

12020710.JPG

シリンダーを外し、小端部のガタを確認後ピストンを外します。スタッドの付け根には、空冷なので仕方がないとはいえ砂利などが既に溜まっています。これがCB-Fの様に20年とか経つとシリンダーもスタッドも抜けにくくなるのだろう。

12020711.JPG

12020712.JPG

オイルポンプ、シフトシャフト関連を外して、いよいよクランクケースを割ります。

12020713.JPG

プライマリー機構が無いだけでとてもシンプルな構造に感じます。

12020714.JPG

ロア側もオイルポンプ関連を外してしまえばとてもシンプル。ただオイルラインはヘッドへ潤滑しているオイルも全て内側なので複雑になっています。こういった所は念入りに清掃する必要があります。

12020715.JPG

12020716.JPG

ミッション、コンロッド、バランサー、シフトドラム、シフトフォークを外せば分解完了。

この後各部を点検して修正に入ります。