Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBXエンジン 今年8機目完成

CBXエンジン 今年8機目完成

全体的に経年劣化が多かったエンジンでしたが、完調に出来ました。

テスト走行を行いましたが、低速でのばらつきがあり、どこかに火が入っていないようです。

10081301.jpg
10081302.jpg
10081303.jpg
10081304.jpg

圧縮圧力を測定し、ヘッドカバーを開けてバルブクリアランスを測定します。その二つの測定値でおおよその状態を予測して分解に入るのですが、このエンジンは圧縮のばらつきが大きく、クリアランスが規定値以下か規定値以上となっており、実質的な圧縮が落ちていたものと思われます。それとカムシャフトギヤを取り外す際、ボルトが既に緩んでおり、テスト走行で抜け落ちなくて本当に良かったと思いました。

10081305.jpg
10081306.jpg
10081307.jpg
10081308.JPG

10081309.JPG
10081310.jpg
10081311.jpg
10081312.jpg

各部の状態やクリアランスなどを測定しながら分解を進めます。バルブやポートにはカーボンの蓄積が多く、吸入効率もかなり下がっていた模様、ピストンクリアランスは考えていたほど大きくは無かったのですが、クランクシャフトの曲がりが限度値を越えるほどに大きく曲がっています。

10081313.JPG

10081314.JPG
10081315.JPG
10081316.JPG

ポート修正から始めます。カーボンを落とし、段差を無くしてスムーシングを施します。今回はエンジンのペイント作業も有りましたので、この時点でエンジン外部は全て塗装作業に出します。

10081317.JPG
10081318.JPG
10081319.JPG
10081320.JPG

10081321.JPG
10081322.JPG
10081323.JPG
10081324.JPG

その間にバルブのポリッシュやピストン・コンロッドを0.1g以内に重量合わせをし、シフトドラム&フォーク摺動部のポリッシュ、ギヤミッションドッグ部のバリ取り等を行っておきます。

1008130.JPG
10081325.JPG
10081326.JPG

そしてカムチェンテンショナーAが既に販売中止となっておりますが、Remotionでは本体部分は再使用してテンショナー部のみを交換するリビルトを行っております。

塗装が上がった物を今度は内燃機を行います。シリンダーライナーに緩みが出ており、ボーリングをする際ライナーが回ってしまうので、このエンジンでは回り止め加工を施してあります。また、’79カムシャフトを持ち込まれたのですが、錆が少し出てしまっており、そのまま組み込むことが出来なかったので、WPC+MOS処理を施しました。

10081327.JPG
10081328.JPG
10081329.JPG
10081330.JPG

塗装をした場合、各部にまだ砂が多く残っており、通常よりも念入りに洗浄してから組立作業に入ります。また、エンジンを塗装する場合にはボルト類も必ず再鍍金もするようにしています。

10081331.JPG
10081332.JPG
10081333.JPG
10081334.JPG

今回のエンジンはクランクシャフトの曲がりが大きく、その為にクランクケースそのものにも歪みが出ておりました。こういった場合はメタルで調節するしかないのですが、充分に慣らし運転が必要になります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。