Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CB1100(SC65) エンジンフルオーバーホールNo.3

CB1100(SC65) エンジンフルオーバーホールNo.3

間が開いてしまってすいません、SC65のエンジンオーバーホール続きをお届けします。

12040501.JPG

クランクの曲がりは2/100とまず問題ないレベル、バランスだけ取ることにします。

ピストンの重量合わせを行います。ピストン自体は再使用しますので、カーボンを落としてからトップの鋳肌を滑らかにして合わせます。

12040502.JPG

12040503.JPG

勿論リングやピンは交換です。0.1g以内となると一度セットを決めたらピストン以外も位置管理しなければなりません。

12040504.JPG

コンロッドの重量合わせはメタル勘合を行い、使用するメタルを決定したら行います。

12040514.JPG

12040515.JPG

カムシャフトはジャーナル部をラッピングしておきます。傷は勿論問題ないのですが、少しでもフリクションを少なくというのが狙いです。

12040511.JPG

12040512.JPG

12040513.JPG

ミッションドッグ部も入念に検査し、バリ取りを行います。

12040505.JPG

12040506.JPG

12040507.JPG

12040508.JPG

続いてシフトドラムとフォークも一部バリ取りとポリッシュを行い、シフトフィーリングの向上を目指します。

12040509.JPG

12040510.JPG

これで内部の加工はほぼ完了しました。次回から組み立てになります。