Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » HONDA CBXエンジンオーバーホール(O) その2

HONDA CBXエンジンオーバーホール(O) その2

いろいろあったエンジンも方向性が決まりましたので、各部修正を施していきます。

12081401.JPG

先ずはカムシャフトジャーナル部のラッピングから始めます。

12081402.JPG

12081403.JPG

RemotionTECHとしてこういった作業を行う場合は必ず効果が見込める部分なので、例え僅かな事でも手は抜けません。

12081404.JPG

12081405.JPG

ミッションギヤドッグ部のバリ取り。ニュートラルが入りにくいといった症状もドッグ部が原因という場合もあります。

12081406.JPG

シフトドラムとフォークの摺動部をポリッシュ。

12081407.JPG

今回もまだ症状はありませんでしたがスターターワンウエイクラッチのリビルトも合わせて行いました。

12081408.JPG

12081409.JPG

12081410.JPG

結局シリンダーは中古での交換となり、入手出来たシリンダーが既にオーバーザイズだったためワイセコの3mmオーバーとなりました。ピストンは勿論コンロッドの重量合わせを0.1g以内に収まるよう修正。

12081411.JPG

12081412.JPG

12081413.JPG

12081414.JPG

ポートのスムーシング。写真で見ると解りづらいですがですがINとEXでは仕上げの面粗度が違います。毎回どんなに状態の良いエンジンでも一番時間のかかる作業ですね。

12081416.JPG

12081415.JPG

バルブのポリッシュ。ヘッドに組み入れると、

12081417.JPG

なかなか壮観です。勿論燃焼室も面素度も上げカーボンデポジットを無くし燃焼効率を上げます。

そして比較的最近完成した、

12081418.JPG

カムチェンガイドのリプレイス品。いやいやかなり凝った造りになってしまいましたがクリア出来て一安心。

その他にもクランクシャフトの曲がり修正とダイナミックバランスなどなど、これらが完了して組み立てに入ります。