Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CBX(y) エンジンフルオーバーホール 分解と点検

CBX(y) エンジンフルオーバーホール 分解と点検

CBXエンジンのRemotionTECHファインチューニング作業報告となります。

12040701

試乗では大きな問題も無く、少々白煙がありましたが普通に走行出来ました。続きはコチラ!

それでは分解しながら各部を点検していきます。

12040702

12040703

インレット側にはさほどオイル下がりも無く、EX側カーボン蓄積も通常範囲ではないでしょうか。

12040704

12040705

シフトリンク、クラッチ廻りにも問題はありませんが、クラッチアウターはガタが出ているのでリビルトを行います。

12040706

EX側のカム山に僅かに虫食いが見られますが、今後のオイル管理で問題なく使用出来る範囲でした。

12040707

ピストンヘッドも通常劣化といえるものです。

12040708

ピストンピンにもガタは無く、問題ありません。

12040709

ストレーナーにゴミの付着もなく、日頃オーナーがこまめにメンテナンスやオイル交換を行っていた事が伺えます。

12040710

プライマリーやカムチェーンの伸びはあるものの特に問題は無さそうに見えます。

12040711

シフトフォークやドラム、オイルポンプ廻り、ここに問題があるエンジンはほとんどありません。

12040712

12040713

これで大きくは分解は完了しましたので、各部細かく分解してさらに点検を進めます。

12040714

12040715

バルブステムにガタはありませんがインレットバルブの傘側にもカーボン蓄積が見られるので、シートの密着不良はあったのだと思います。

12040716

12040717

シリンダーライナーは錆びが発生してますね、指で触るとその凹凸が感じられますがこれぐらいなら0.25オーバーサイズで対応可能です。

久しぶりに通常劣化範囲でのオーバーホールだなと思っていたのですが、

12040718

12040719

右が入っていたギヤで左が中古良品です。ドッグ部の角があまりに落ちてしまっています。

12040720

12040721

ここまで角が取れてしまっているとぎや抜けしる可能性が高いのでギヤ数枚を中古良品に交換することになりました。

でもそれ以外は久しぶりに通常のオーバーホールという感じで安心しました。しかし最近思うのですが、やはり開けるエンジンの劣化が年々進んでいる様な気がします。今回のミッションはまた別のケースとしても以前はもう少し程度が良かった気がして、ライナーの錆びも無かったですし。

by Yokokawa