Home » Remolog » メンテ&カスタム » CB900F リフレッシュ Vol’7 車体組み立て編

CB900F リフレッシュ Vol’7 車体組み立て編

昨夜、夜更かししてしまい少々眠い菅野です。

昼間は暖かくなってきたので公園で昼寝でもしたい気分ですw

今夜は早めに寝ようと企んでいますが、皆様にはそんなことどうでもいいと思いますので。。。

本題へどうぞ!

続きはコチラ

そうそうエンジンを組み立てる前に車体を組み上げなければなりません。

と、言う訳でフレームが帰ってきましたので車体編です。

 

Exif_JPEG_PICTURE

でかいダンボールが届きました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

西村コーティング様によりダイヤモンドコートを施して頂きました。

ピッカピカですね~

塗り上がったフレームは、そのまま組めるわけでは無いので組み立て前の下処理も大切です。

 

Exif_JPEG_PICTURE

ダイヤモンドコートは名ばかりではなく非常に硬い塗膜なので全てのネジにタップ、ダイスで余分なペイントやブラストの残りを取り除きます。

これをやらないとボルト、ナットはねじ山がダメになってしまいます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

まずはリヤ周りから組み立てです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

写真だとあっという間に組み上がりますが、なかなか時間かかりますよ!

とくに今回はカスタム車両なので現状復帰も分解時の写真と見比べながら行います。

もちろん組み立ての段階で気がついたことなどあれば修正などもしていきますよ。

さあ、これでエンジンを載せる準備はできましたので、そろそろエンジンも組み立てですね。

それでは次回をお楽しみに!