Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » HONDA CB1100F(I)エンジン フルオーバーホール②

HONDA CB1100F(I)エンジン フルオーバーホール②

16080736

方向性も決まったので早速組み立てに入ります。続きはコチラ!

1608070516080706

無かったスタッド部はヘリサートを建てて新品のスタッドを追加。他のスタッドも耐熱塗装をして組立て開始です。

16080719160807201608072116080722

ミッションのドッグ部はバリ取りとベアリング交換。

16080701

シフト廻りも一部ポリッシュ。シフトカムの修正は体感出来るほど変わります。

1608072316080724

プライマリーシャフトのダンパーとベアリング、オイルシール交換。このオイルシールが特殊な構造なのでまだ部品が出てくるのは本当にありがたい。

160807021608070316080704

ピストン、コンロッドの重量合わせ。今回使用したピストンはドイツのKOLBEN社製。CB1100Fのリプレイスピストンは意外と種類が少なくてWisecoやWosnerなどボアアップ鍛造ピストンはあるのですが、このエンジンできればボアも圧縮比もこれ以上上げたくないのでこのピストンは非常に使いやすいです。

1608070716080708

ということでシリンダーライナーは交換となりました。某海外メーカーのライナーを使用したとき、ボーリングしたら巣穴が出てしまった事があり、それ以来必ず国産のライナーか削り出してもらっていました。ただ削り出してもらうと時間も費用もかかるので、できればあるものを加工して使用したい。そこで今回はBITOさんのZ用ライナーから加工して使えそうなものを選んで使用しました。

160807101608071216080729160807301608073116080733

あともう少し何かお勧めの加工はありませんか?というご要望もあり大小メタルとカムホルダーをWPC+MOS処理。通常行うジャーナルラッピングとの組み合わせはとても相性が良いです。

16080709160807111608071316080714

そしてヘッドの修正はというと、

16080718160807171608072516080726

この様な感じに仕上げています。もちろんバルブフェースカットからシートカット、すり合わせまで行いヘッドを組み上げていきます。

1608072716080728

バルブは勿論スプリングやコッターなどもなじみを考えて位置管理をしています。

1608073516080734

組みあがると最初の写真になります。押し戻されていたスターターワンウエイクラッチは当然強化タイプにリビルトしてから組み付け。

分解し始めたときはどうなることかと思いましたが、何とか無事にスムースなエンジンに仕上げられました。