Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » HONDA CBX(k)エンジン フルオーバーホール後編

HONDA CBX(k)エンジン フルオーバーホール後編

1602152516021526

修正及び組み立てです。今回使用しるピストンは純正リプレイス、トップは鋳肌を落としてから重量合わせ。続きはコチラ!1602152716021528

コンロッドはメタル勘合して使用するメタルを決定してから重量合わせ。

1602152916021530

エンジンもリペイントして一新します。もちろんカムチェーンやプライマリーチェーンも新品に交換。

160215191602152016021521160215221602152316021524

ミッションはドッグ部のバリ取りをしてベアリング交換、シフトドラムとフォーク、カムも面取り。スターターワンウエイクラッチはまだ滑っていないですが念のためにリビルト。

16021531160215321602153316021534

やはり多少シリンダーライナーの緩みが出始めいたので回り止め加工し、上面は面だし。

16021536160215371602153816021539

いつも通りポートスムーシング。何機やろうがなかなか時間短縮の図れない場所、しかし良い状態を少しでも長く保ってほしいと思うので時間優先にもできない場所。

16021540

バルブはポリッシュしてシリンダーヘッドも面だし。

1602151016021541

カムジャーナルもラッピングしてから組み付け。クランクシャフトジャーナルもラッピングしてから勘合しているのでだいたいいつもパーツリスト通りにはならない。こういった地道な作業の積み重ねがトータルで大きく変わるのです。

1602154216021543

キャブレターも改めてオーバーホールさせて頂き、完成です。ボルト類も再メッキし、カバー類はバレル処理しているので見た目にもパリッとしました。