Home » Remolog » メンテ&カスタム » CB750Four エンジン修理

CB750Four エンジン修理

ホームページの更新が滞ってしまって、約一か月ぶりとなってしまいました。

16021401

シリンダーとクランクケース合わせ面からオイルが滲むという事で修理させて頂きました。

SOHCももちろん修理は行います。続きはコチラ!

1602140216021403

早速カバーを開けると、結構距離を走っているエンジンのようで、汚れが多いです。

1602140416021405

普通に走っていた車両なので致命的なダメージはありませんが、各部劣化は見られます。

16021406

オイル滲みの原因はベースガスケットの破れのようです。原因がわかれば一安心です。

1602140716021408

なのですが、シリンダー内壁に錆の痕があります。予定ではピストンリングのみの交換でしたがこのまま組んでもオイル上がりするのは解っているのでオーバーサイズピストンとなってしまいました。

1602140916021410

CB750Fourはリプレイス含めパーツが豊富にあるので何があっても困ることはありませんし、未だ台数が多く現存している理由なのでしょう。

1602141116021412

ファインチューニングではなくあくまで修理なのでポート周りも洗浄+αぐらいに留めております。

1602141316021414

カムやバルブ周りも洗浄すればこの通り。腰下を分解していいないのでカムチェーンは交換しておりませんが、テンショナー関連は全て交換。

16021415

修理完了です。

お引き渡し後とても調子よくなったと喜んでいただけたので本当に良かったと思います。