Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » HONDA CBX(S)エンジンオーバーホール1

HONDA CBX(S)エンジンオーバーホール1

続いてます、CBXエンジン。

150924-01

通常走行に支障は無いものの高速でも伸びがないとの事でした。続きはコチラ!テスト走行では確かに高回転時の伸びが無い気がしました。圧縮を図ると上がるのですが、ただ明らかにバルブの密着が悪くなった状態でここまで上がるのはかなりカーボン蓄積が多いものと考えていました。

150924-02150924-03

カム山などの状態は良い方でしたが、テンショナーは崩壊寸前。この後外したテンショナーAも同じような状態でオーバーホールしておいて本当に良かったのではないでしょうか。

150924-04150924-05

ピストンは吹き抜けも非常に多くオイルリングなどは固着して全く動きません。

150924-06

それでもコンロッドの大小端部にガタは無いので、やはり丈夫なエンジンではあるのだなと思います。

150924-07

オイル管理はされていたので腰下に大きなダメージはないようですが、この後測定したクランクシャフトには曲がりが有り、修正となりました。

150924-08150924-09

やはりカーボンの蓄積が多くインレット側への吹き抜けも有ります。

150924-10

バルブはというと、インレット側にこれだけカーボンが蓄積していたらポートの半分は埋まってしまっている状態ですから、混合気が吸えません。

これから修正に入るのですが、今回はパワーアップ仕様での仕上げです。