Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CB900F エンジンオーバーホールVol4

CB900F エンジンオーバーホールVol4

15071010

CB900Fの組立です。続きはコチラ!

1507101

エンジン内部も通常オイル交換では落ちない汚れも洗浄すればここまで綺麗にすることが出来ます。

測定で割り出した嵌合表に合わせメタルをセットして軽く叩き込み密着させてからクランクシャフトを載せます。

1507102

当然スラスト側に入る一番厚いシクネスゲージを入れてからコンロッドの締め付け。

1507103

プライマリー、ミッションをセットしてアッパー側の終了。写真はだいぶと省いていますがそれでも組立は神経使いますが比較的時間は早いです。

1507104

シフト関連を組み込んだロアケースを載せて締め付け、オイルパンを付けてひっくり返します。

15071051507106

ピストンを入れ、シリンダーを組みます。この時点で一度クランクがスムースに回転するか確認し、シリンダーライナーに残った余分なグリスを取り除きます。

15071071507108

ヘッドにバルブをセット。シリンダーもシリンダーヘッドも僅かな歪みを取る程度に面研はしております。

1507109

カムシャフトをセットし、バルブクリアランスを調整。クラッチやその他補機類を組み込めば完成です。

だいぶと端折っちゃいましたね。いつもエンジンオーバーホールを行った場合これらの写真は最終的にオーナーにお渡ししているのですが、始めから終わりまでだいたいいつも100枚ぐらいにはなります。なかなか自分のエンジン内部を見られる機会ってないので記念にはなるのではと思ってお渡ししております。