Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CB900F エンジンオーバーホールVol3

CB900F エンジンオーバーホールVol3

エンジン内部の修正を進めて行きます。

重量合わせ

15062601

今回は選定したメタルが全て同じになったので大きな重量差は生まれませんでした。続きはコチラ!

15062602

15062603

15062604

今使っているスケールが最大400gなので上下分けて測定し、重量差を計算してあわせて行きます。

15062605

同じようにピストンも重量合わせ。やはり製造ロットが同じであれば殆ど差がなく、僅かな合わせで済みます。

15062606

その他プライマリーシャフトの分解、点検、ラバー交換。

15062607

CB-Fはアイドリングでのゴトゴト音はここが原因の場合もあります。

15062608

ミッションドッグ部のバリ取り。

15062609

15062610

ベアリング類は勿論全て交換。

15062611

シフトドラムとフォーク、等の一部ポリッシュ。摺動部はラッピングをすることでギヤの入りなど確実に変化します。

さあここまで出来たら組み立てに移れます。