Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CB900F(t) エンジンオーバーホール Vol.2

CB900F(t) エンジンオーバーホール Vol.2

まずはヘッド周りの修正から行います。

1506131015061311

続きはこちら!

カムシャフトジャーナル部のラッピング。

1506131215061313

この程度までは磨きます。ラッピングはあくまで細かなキズ消しなので、磨くといっても磨く事自体が目的ではありません。

15061341506135

ポートのスムーシング。この段階は段付きを落し形状が整ったもので、ここから面粗度を上げていきます。

1506136150613715061381506139

この程度まで上げます。写真では解りづらいですが一応INとEX側で仕上げが違い、燃焼室とEX側は鏡面に近くIN側は梨地です。

EXポートはカーボンの蓄積防止のために鏡面近くまで面粗度を上げますが、燃焼室はそれに加え表面積の低減という目的もあります。

INポートを鏡面にしないのは霧化特性が悪くなるためで、それぞれ仕上げには意味があります。

150613115061321506133

バルブもここまでポリッシュします。カーボンの蓄積防止は勿論ですが、傘部分の段付きを落とすと言った意味ではスムーシングと言えます。

一通り洗浄して内燃機加工へ出し、バルブフェース&シートカット、すり合わせ、シリンダーボーリング、クランクシャフトのダイナミックバランスを行います。