Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » CB900F(t) エンジンオーバーホールVol.1

CB900F(t) エンジンオーバーホールVol.1

CB900Fのエンジンオーバーホールです。まずは分解から。

15060101

テスト走行では不安な感じはありませんがカムチェーンの音は大きかったのが気になりました。続きはコチラ!

15060102

圧縮圧力はばらつきは無かったものの少し低い印象です。またバルブクリアランスも全体的に広めだったことからカーボンの噛み込みによる密着不良はあるものだと予測しておりました。

15060103

15060104

オイル下がりは殆ど見られません。テンショナーB部がシーリング剤で塞がれていますが、テンショナーロッドが飛び出してプラグを外してしまうとのこと、つまりはカムチェンBはすでに適正なテンションがかけられていない状態。

15060105

15060106

オイル管理はマメにされているようでカム山など傷はありませんし、内側にも距離の割にスラッジの蓄積は少ない方だと思います。

15060107

ピストンヘッドのカーボンも年式、距離なりで異常な感じはありません。

15060108

15060109

一度腰上は開けられているようです。しかしピストンはノーマルサイズだったのでリング交換ぐらいは以前にされているのでしょうか。

15060110

クランクケース内のスラッジも少ない方だと思います。やはりこういったところはオイル管理次第です。

15060112

15060113

燃焼室内も相応なカーボンですがやはり噛み込みは見られます。

15060114

ここから組み上げるまでバルブやコンロッドなどは位置管理を行います。

15060115

ピストンはオイルリング下までオイル焼けの跡が見られることからクリアランスはそこそこ出てるだろうと思いましたが、測定結果はやはり9/100とほぼ限度値。

15060117

15060116

調子がさほど崩れてなくてもテンショナーはクラック入ってますし、オーバーホール時期だったのではないでしょうか。

クランクシャフトの曲りも1/100と状態がよく、特別なダメージもありませんのでここから修正を加えていきます。