Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » HONDA CBX(k)エンジン オーバーホール

HONDA CBX(k)エンジン オーバーホール

HONDA CBXエンジンのRemotionTECHファインチューニング

14111901

 

以前にオーバーホールと同時にエンジン塗装も施されたエンジンなのですが、あまり調子が良くないとの事で入庫されました。続きはコチラ!

早々に分解し始めます。

14111902

塗装が内側まで流れ込んでいて、ガンで吹いたというより槽に浸けた感じの仕上がりです。

14111903

WISECOの0.5オーバーサイズが入っているのですが、白煙も多く#1シリンダーのクリアランスが8~9/100出てしまっています。一応限度値内ではあるものの、見て解るぐらいのオイル上がりがある以上再使用は不可能と判断しました。

14111904

 

その他は大きな問題もありませんがカムチェンテンショナーは再使用されてクラックが入っていますし、行う作業自体はこの程度のオーバーホール状況ですと残念ながら全く変わりませんので通常通りRemotionTECHファインチューニングを施していきます。

ということでまずはカムシャフトジャーナル部のラッピングとバルブポリッシュ。

14111905

ピストン、コンロッドの重量合わせ。

14111906

ポート及び燃焼室のスムーシング。

14111907

ミッションドッグ部のバリ取り。

14111908

シフトドラム、フォーク、スットッパー等の一部ポリッシュ。その他今回はクラッチアウターギヤのガタが大きかったのでリビルトし、ACGクラッチプレートの面がかなり荒れていたのでそのリビルトを行いました。

1411190914111910

また通常通りクランクシャフトは曲り修正した上でダイナミックバランスを取り、ジャーナルのラッピングやメタル嵌合まで。

今回は遠方より陸送でご入庫頂きました。

CBXの事は全てRemotionで、とまでは思いませんが、どちらで作業を行う場合でもご相談は受け付けますので何でもお気軽にご連絡下さい。