Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » HONDA CBX(k)エンジン オーバーホール

HONDA CBX(k)エンジン オーバーホール

珍しいCBXサイドカーのエンジンをオーバーホールしました。

1401261

思いがけない部分に破損がありましたが、その他は走行距離による劣化ぐらいでした。続きはコチラ!

1401262

距離は進んでおりますが、オイル交換はマメにされているようですが、テンショナーなどはやはりクラックが入っており、いつ剥がれてもおかしくない状態です。

シリンダーベースガスケットが社外品なので腰上は分解していると思われるのですが、それにしては少々汚れが多いような気がします。

1401263

ピックアップローターシャフトの錆が酷いと思ったらカバー側が削れておりここは修正が必要です。また、プライマリーギアを外したら見覚えのない物が裏側に付いてきて、何だろうと探すとプライマリーシャフトベアリングの中のボールを保持する部分が破損してしまっていました。ここまで破損してしまったベアリングは始めて見ました、この状態で走っていたのですから今回オーバーホールして良かったのではないでしょうか。

1401264

その他はカーボンの蓄積が多いぐらいで問題は無さそうです。RemotionTECHファインチューニングを進めていきます。

1401265

大小メタル勘合を行いメタルの選定してから使用するメタルでコンロッドの重量合わせ、ピストンはオーバーサイズをトップの鋳肌をならしてから重量合わせ。

1401266

ポートのスムーシングとバルブのポリッシュ。

1401267

ミッションドッグ部のバリ取り、シフトドラム&フォークの一部ポリッシュ。

1401268

破損していたプライマリーのベアリングも新品に交換しスターターワンウエイはリビルト、ピックアップローターシャフトのジャーナルはラッピングしてカバー側には合金ブッシュを打ち込みました。

その他カムシャフトジャーナルラッピングやクランクの曲がり修正とダイナミックバランス及びジャーナルラッピング等々いつものメニューを施し完成です。