Home » Remolog » メンテ&カスタム » 最後の純正ピストン

最後の純正ピストン

先日ストックが無くなったのでまた海外からCBXの純正ピストンを仕入れました。

1309211

 

そこで早速重量測定してグループ分け。

続きはこちら!

片側のグループに1つだけ軽い物が、、、こればかりは致し方なしです。

しかし今回3台分18個を発注したのですが、出てきたのは12個。もう本当にこれで純正ピストンは最後かもしれません。

1309212

 

勿論、WISECOもあれば純正同等品のリプレイスピストンもあるのでオーバーホール自体は全く問題ありません。

シリンダーベースガスケットもカムチェンAも純正は打ち止めになり、本当に年々厳しくなってます。これらについてもリプレイスは有りますので当面オーバーホールで困る事はありませんし、私が居る限り必ずオーバーホール出来る状態にしていくつもりではおります。

しかし自分たちでリビルトなり対策をしていくとその部分に関しては純正の1.5倍から2倍ぐらいかかってしまいます、でもピストンに関してはリプレイスの方が断然安かったりしますが。

こんな状況なので工賃はず~っと据え置きなのに年々トータルコストが上がってしまってます。それでもやはりCBXのインライン6は掛け買いのないエンジンなので、これからも安全に気持ちよく走れる環境を整えられるよう、ガンバリます。

by YOKOKAWA