Home » Remolog » CBX テンショナーBロックボルト部のネジ山上がり

CBX テンショナーBロックボルト部のネジ山上がり

CBXのカムチェンテンショナーBアジャストボルトのネジ山上がりを修理しました。

11052201.JPG
11052202.JPG

先ずはカムシャフトを外していきます。カムホルダーを外すと1箇所傷が入っているジャーナルがありました。

11052203.JPG
11052204.JPG
11052205.JPG
11052206.JPG

テンショナーBを外し、ヘリサートを建てます。内部に切粉が落ちないよう詰め物をしてからの作業です。また今回はテンショナーアジャストボルトもシール性の良い後期型のレプリカ品を使用します。

11052207.JPG
11052208.JPG
11052209.JPG
11052210.JPG

外したテンショナーBですがクラックがあまりに多く、このまま再使用して組み付けるには不安があり、交換となりました。

11052211.JPG
11052212.JPG
11052213.JPG
11052214.JPG

傷ついたカムジャーナルはラッピング修正します、どうせ行うなら傷ついた1箇所だけでなく全て行ってしまいましょう。

11052215.JPG
11052216.JPG
11052218.JPG
11052219.JPG

ヘッド側も傷をならします。外したカムチェンの伸びはわずかですが、これぐらいでも正規な張りを与える事が出来ず交換となります。新しいテンショナーアジャストボルト&ナットを取り付け、カムチェンの張りを調整したら完成です。

今回はカムシャフトを外していますし、同時にバルブクリアランスの調整も行いました。測定した時点でクリアランスがほとんど無かった箇所もあり、調整後はもたつき感もかなり解消されたようです。