Home » Remolog » 菅野のCB900Fメンテナンス VOL’3

菅野のCB900Fメンテナンス VOL’3

今日で8月も終わりですね!

こないだスーパーで秋刀魚を見まして秋を感じ始めた菅野です。

ですが1匹、398円もしてたので高いと思いましたね(笑)

ちなみに菅野は秋刀魚が大好物です。

取り寄せて下手ながらも自分で刺身にして食べたりもします。

七輪で焼いたりしたら・・・まずいっ!本題からそれすぎる。

では、どうぞ・・・

さて今回の車両はCB900Fになりまして、Remotion菅野の車両になります。

R1087483.JPG

今回の作業はクラッチディスクの交換です。

というのも先日、クラッチが笑ってしまうほどに滑り出しまして・・・

ちょっと加速でもしようもんならズルズルです。

クラッチが滑るっていう症状のお手本のようでした!

残念ながらバイクに自己治癒力は備わっていないので交換ですね。

R1087517.JPG

早速取り外しです。

 

R1087518.JPG

うん。いい感じに滑ってますね。

R1087516.JPG

サイドスタンドで頑張ればオイルは抜かなくても出来るのですが・・・

まあフィルターもオイルも交換ですね。

いつも300Vです。やはり油膜保持に関して信頼できますからね!

交換してから確認のために仕事終わりに首都高行って来ました。

当然ながら滑りはなくなり気持ちよく加速してくれます。

そしてオイルも新しいので回り方もいいですね!

こうして菅野もCB-Fオーナー様なら大抵経験するようなトラブルを順調に経験しております。

やはり自分専用のFがあるというのは色んな意味で整備やカスタムの幅が広がる気がします。

では、また・・・