Home » Remolog » CB750Fメインワイヤーハーネス交換。

CB750Fメインワイヤーハーネス交換。

明けましておめでとう御座います。菅野です。

年が明けてから既に2週間を過ぎようとしておりますが、

本年も宜しくお願い致します。

お正月休みによりRefreshされた私は今年も頑張っていこうと思います。

では、どうぞ・・・

さて今回はCB750Fになりまして、東京都のI様の車両になります。

ハーネスも30年近く使用していると導通不良を起こしたり配線自体が劣化により

抵抗が増えてしまい電圧降下が大きくなったりと色々な不具合が発生します。

カプラーの差込が、緑色に変色し腐食が起きているのを見たことある方も

いらっしゃるかと思いますが、その様な状態は電気の流れの抵抗になります。

抵抗になるとその部位に熱を持つのが電気の特徴です。

その抵抗により発生した熱は酷い場合ですとカプラーを溶かしてしまうほどの

熱を持つことがあります。

そう、最悪の場合は車両火災なんて事にもなりかねません。

以前、CB750F以外の車両ですがカプラーの腐食が原因によって

シート下で発火した車両を見たことがあります。

幸い発見が早かったので被害は最小限に抑えられましたが・・・

皆様の車両も同じようになっている可能性は充分に考えられますので

メインワイヤーハーネスの点検、修正、交換を強くお勧め致します。

作業の流れとしては、まず古くなったハーネスを取り外していきます。

その中で交換できない部位の配線や端子なども点検して異常が見られれば

全て配線の引き直しや端子の交換なども行います。

1224i001.JPG
1224i009.JPG

車両から取り外したハーネスです。

見た目にも経年劣化を感じますね。

1224i011.JPG
1224i002.JPG

左の写真ですが緑色に変色し腐食が起きている状態です。

右のギボシも内部で腐食が起きています。

このままの状態にしておくとテールライトやウィンカーなど重要な

灯火類が導通不良により突然、点灯できなくなることも多々あります。

1224i004.JPG
1224i003.JPG
1224i005.JPG

左の写真はメインワイヤーハーネスには含まれないメーターやスイッチ類。

これら全ての端子、ギボシを交換していきます。

せっかくメインハーネスを交換しても、その先が腐食していたら何の意味もありません。

1224i007.JPG

今回、交換した端子やギボシです。

こんなに沢山あるのですが、一つ一つ地道に交換をします。

もちろん同じ規格の端子、ギボシを使用しますので使用上は全く問題ありません。

1224i008.JPG

こちらはイグニッションスイッチのコンタクトベースのリプレイス品です。

すでにメーカー廃盤の部品なのですが、このコンタクトベースの接触不良も

多発する症状の一つですね。

症状としてはメインキーをONにしてもNランプが点灯しないとか・・・

走行中に電源が落ちてしまうとか・・・

以前までは磨いたり接点復活剤などを使用して誤魔化していたのですが、

なかなか改善が難しかったのですがRemotionはコンタクトベースの交換

という結論を出しました。

しかも写真で見て頂ければ解るようにコンタクトベースとカバーのセットになります。

白いカプラーの様な物がカバーになるのですが、差込口の爪が割れてしまっている

車両が多いのでカバーもついているのはとても安心ですね。

20110113i012.JPG

そしてこちらが今回のメインディッシュでもあるメインワイヤーハーネスです。

仕様地や排気量別に若干違いのあるハーネスですが全て純正と遜色無い

いや!!純正以上のパフォーマンスを発揮してくれるハーネスです。

もちろん取り付けには加工などは一切必要ありません。

カプラー、配線の長さなど全く同じ仕様に制作しているのでご安心ください。

ちなみにコチラのハーネスの発売元は・・・

ジェイズ様 です。

Remotionと同じくCB-F系に力を入れている広島のSHOP様ですが、

色々な面でコンタクトを取り合って情報交換をして頂いています。

全てはオーナー様の大切な車両を、より良い状態で維持して頂くためです。

そのため横の繋がりはとても大事です。

今回のメインワイヤーハーネスを交換したことによりコチラの車両の

電気系統では残すところ点火系のみとなります。

以前にはRemotionのACGコンバーションキットイグニッションコイルステー

を装着して頂いているのです。

イグニッションコイルステーは鉄製の物だと吹け上がりに影響及ぼすことがあり

失火した様な症状がでてしまう事があります。

一度ご自身の車両でアルミか鉄かをご確認ください。

良くある症状ですので、念のため鉄のものはアルミに交換しちゃいましょう!!

まだまだ寒い次期は続きますので、この期間に車両の気になる部分を見直して

暖かくなったら気持ちよくRemotionツーリングに参加しましょう。

それでは皆様のご来店を心よりお待ちしております。

そうそう1月22日(土)には17時頃よりRemotion店舗内にてささやかながら

恒例となりました新年会を開催致しますので、お時間のある方は是非お立ち寄りください。

日頃の感謝の気持ちをこめてビールと軽食は無料にてご用意させて頂きますので、

バイク談義に花を咲かせませんか??

※お酒を飲まれる方は公共の交通機関をご利用ください。

では、また・・・