Home » Remolog » 販売車両 CBX整備エンジン

販売車両 CBX整備エンジン

販売車両のCBXエンジンオーバーホールです。

いつものRemotionTECHファインチューニングメニューの中から主な作業内容だけご紹介です。

12043000.JPG

分解はいつも通りで、省略させて頂きますが。

外したカムシャフトは寸法などを点検し、問題無ければラッピングして再使用します。

12043001.JPG

次はピストンとコンロッドの重量合わせ。ピストンは比較的重量差は無かったのですが、コンロッドは大きかったですね。

12043002.JPG

12043003.JPG

ミッションドッグ部のバリ取り修正。こちらも細かい部分ではありますが効果が期待出来る部分は全て省かず全て行います。

12043006.JPG

12043007.JPG

そして合わせてシフトドラムとシフトフォーク摺動部のバリ取り、面取りを行います。

12043008.JPG

ヘッド廻りも勿論ポートのスムーシングとバルブポリッシュ。

12043010.JPG

12043012.JPG

本当にヘッド廻りは性能に直結してしまうので、神経と時間を費やさなくては作業出来ません。

このエンジンに関して付加作業はスターターワンウエイクラッチのリビルトと、

12043009.JPG

シフトシャフト部にガタがありオイル滲みがありましたので、カバー側を加工してブッシュを入れ込んでおります。

12043015.JPG

さ、ボルトナットを再鍍金し、エンジンは西村さんでレーシング1000で塗装し、カバー類はバフを行い、キャブレターはオーバーホールと同時にキャップとフロートをバレル処理し組み上げるとこうなります。

12043014.JPG

如何でしょうか、エンジンは分解しているときでないと塗装する事は出来ないのでオーバーホールと共にエンジンだけは綺麗にしたいとのご要望でした。足廻りに関しては追々カスタムしていくそうなので、これからも楽しみです。