Home » Remolog » CBXの足廻り整備

CBXの足廻り整備

CBXも今年で33年になるのですね。距離を走ってなくてもベアリング類のグリスは劣化しており、そうなると直ぐにベアリング自体も摩耗してしまう可能性があります。

ということで本日は足廻り重点に整備しております。

12011401.JPG

エンジンはオーバーホール時に塗装し直していますし、外装も含めてとても綺麗な車両です、が、

先ずはフロントホイールベアリングから。

12011402.JPG

このころのホンダ車は特殊なキャップでベアリングを押さえています。この様な形状でネジになっているので当然専用工具が必要になります。

12011403.JPG

12011404.JPG

工具があれば簡単に外せますがスナップリングプライヤーなどで代用しようとするとなかなか外れません。

12011405.JPG

ベアリングもプーラーで外していきます。元に戻せばフロントは完了。続いてリヤホイール。

12011406.JPG

12011407.JPG

12011408.JPG

リヤ側はハブの部分にもベアリングが入っているので3個使っています。ハブダンパーも交換してリヤも終了。

スイングアームピボット部分にいきます。

12011409.JPG

12011410.JPG

12011411.JPG

zタイプはブッシュになっており、この車両も錆びて固着しており動きはとても渋かったです。ブッシュの新品は既に廃盤なのですが、ニードルベアリングに変更するコンバージョンキットがありますのでそちらに交換します。ニードルベアリングにするだけでも動きはブッシュより良いのですが、このキットではピボット両端にスラストベアリングも入りますので格段に動きは良いです。

12011412.JPG

12011413.JPG

この状態で動かすとその違いがはっきりと解ります。前後ホイールを装着して、合わせてスプロケットとチェーンも交換して足廻りは完成です。

12011414.JPG

12011415.JPG

この車両では以前にステムベアリングを交換しています。もし行っていない車両であればステムまで整備すれば足廻りとしては一通り完了ではないでしょうか。

これが今回交換した部品類です。ベアリングなど劣化しているのがよく解ると思います。

12011416.JPG

なんか最近押し回しが重いとか、走行が安定しないなど気になるところがありましたらこういった整備も考えては如何でしょうか。