Home » Remolog » DUCATI 放出

DUCATI 放出

昨年末、ため込んでいても仕方がない、と自分で言っておきながら相当の年数をため込んでいた物がある。

1101251.JPG

もうかれこれ数年前に、いつか起こして乗ろうと思っていたDUCATI ベベル。なかなか手を付ける時間も無く、そのままにしてあった。一応自分が考える理想のDUCATIにするべくいろいろパーツを集めたり、それに合わせて採寸し加工したり。

出どこは良い物何ですよ、僕で2オーナー目の車両ですし。寝かしてしまったと言っても完全室内保管でしたし、ベベルでもキックの最終年式で各部改良された物ですから。でもねえ、これだけ寝かしてしまって、しかもこの先乗れるかどうかも疑問なんで、この際放出しようかと考えてます。

とは言ってもこのままだと単なる部品取りにしかならないので、ある程度走る状態にしてから売ろうと思ってます。

ベース車輌は確か83年式のMHR。いわゆるワイドフレームに載っかったキック最終ベベル。

1101252.JPG
1101253.JPG

仕上げ予定としては、

・HONDA XR600のステムにCBR600F4のフロントフォーク

・前後ホイールはNSR250のマグテックでフロント17インチ、リヤ18インチ

・スイングアームはそのNSR用を加工して取付。

・ブレーキはフロントNISSINの4ポット、リヤはNSRそのまま方押し1ポット

・フューエルタンクは確か750GTだったと思う

 そんななんだかドカティスト達から少々非難を浴びそうな仕様です。でもね、自分としては普段のメンテナンスは自分で行うのが前提なので、足廻り等は信頼があって部品供給が安定している日本製にしたかったのですよ。完成すればなかなか楽しい車両になると思うのですが。

進行状況はこちらで随時(と言っても亀の歩みですが)報告します、現在はフロント廻りのセットアップがおおよそ完了したところ。どなたかご興味がある方が居られましたらご紹介下さい。

1101255.JPG
1101256.JPG