Home » Remolog » CT110のメンテナンス

CT110のメンテナンス

なんだかこのところCT110にも各所やれが出てきているようで、何かと部品交換が続いております。

先日?メーター交換は報告しましたが、その際ヘッドライトを外したときにバルブもついでに確認すると結構ガラス部分が焼けて黒くなっていた。勿論切れはいないのですが、いい加減交換しても良いかとハロゲンバルブに交換。

1012181.JPG

交換したら何故か点灯しなくなり、よくよく点検してみるとソケット側の端子部分が凹んでおりました。合わせてソケットも交換したのですが、ノーマルがタングステン球だったもので、ハロゲンにしただけでも明るい明るい。HIDを売っている側の人が言うことでは無いようにも思いますが。

その他これまたいい加減すり減っていたリヤタイヤの交換。今回ちょっとケチって2.50サイズをチョイス。まあカブ用として一番出回っているサイズなので前回選んだ2.75サイズよりやっぱり安いんですよね。まあランニングコスト優先と言うことで。

1012182.JPG

それとこれまたいい加減、くの字のまま流れていくチェーンを交換。初めチェーンだけと思ったのですが、そんな状態で暫く乗ってしまったのでスプロケットもずいぶんすり減ってしまい、自動的に交換。しかしノーマルのリヤは45Tでかなりローギヤード、今まで使っていたのが41Tで丁度良かったのですがこれがもうスチール製は入手不可。アルミは高いし耐久性を考えるとやはりスチールにしたかったので、今回その中でも入手可能な37Tを選択。4Tも減ってしまってどうなんだろうと思っていましたが、意外と普通に走れます。確かに今までのように間違えて2速発進とか出来なくなりましたし、41Tの時にはアクセルだけでなんとかねばった所を1速落とさなければならない場面もあります。でも幹線道路を巡航しているときに回転は当然低くなっているし、総体的に見てこちらのスプロケットの方が良い感じ。

1012183.JPG

このスプロケットAFAMのデッドストックものなので既に廃盤商品。予備にもう一枚買っておこうっかなあ。

その他オイル交換してカムチェンテンショナーを調整したら驚くほどエンジン音が静かになったり、バッテリー変えたらウインカーが安定して点滅するようになったりと、いやぁ今さらながらメンテナンスは大切だなあと痛感しております。

普段のメンテナンスを怠っていたつもりは無いですよ、オイル交換だって1500から2000kmの間では必ずしてましたしチェーンだって給油をしてました。でもCT110は雨でもなんでも乗っているのでそれなりにヤレもあったのでしょう、ちゃんとメンテナンスすれば確実に良くなり走っていても気持ちよくなりました。

まだまだいけそうです、シーラカンス!