Home » Remolog » フォークO/H CB750F

フォークO/H CB750F

今日は女の子の節句ですね。

とは言っても菅野には関係のないことなのですが・・・

なんとなくイベントごとにはワクワクしてしまいます(笑)

・・・とくに書くことが思い浮かばないので、さっさと本題に入りましょう。

では、どうぞ・・・

さて今回の車両はCB750Fになりまして、東京都のK様の車両になります。

R1085625.JPG

R1085626.JPG

ダストシールにクラックが入っているので問題が起きる前にO/Hの依頼を受けました。

ダストシールにクラックが入ってしまうと当然ながら異物の混入を防げません。

砂や埃も入りますし水も入ってしまいます。

そうなるとオイルシールのリップを痛める原因になりいずれはオイルが漏れてきます。

O/Hなのでフォークを取り外すわけなんですが・・・

左のフォークだけが抜けません・・・

ってことは・・・きっと・・・曲がってますね・・・

それ以外にもバラしてみたらフォークオイルの量がだいぶ少なかったです。

以前に漏れていたのでしょうかね?

ダストシールを外したときには漏れた形跡は見られなかったので

綺麗に拭き取ったのでしょうか?

半年ほど前に中古で購入されているそうなので・・・

R1085628.JPG

インナーチューブだけにして曲がりを測定します。

R1085629.JPG

予想通りですが左のチューブは0.72mm振れております。要修正です。

R1085630.JPG

右のチューブは0.10mm振れてました。

R1085631.JPG

左チューブ修正後。0.04mmの振れです。(曲がりは0.02mm)

フォークを組み直して車体に取り付けるんですけど、

インナーチューブが曲がるってことは、すなわち前方から衝撃が加わったわけです。

そうなりますと当然ステムにも外力が加わりますのので・・・

R1085632.JPG

インナーチューブが修正できてもステムが歪んでいるのでズレます。

写真はトップブリッジなんですけど、この写真をみると

アンダーステムが歪んでいるのがわかりますね。

予算の関係上今回はこのまま組み込んだのですが早めに

ステム修正もしくは交換をしてステムベアリングも打ち換えが必要ですね。

たとえダストシールにクラックが見られなくてもオイル交換などは定期的に

行わないとフォーク自体の動きも悪くなります。

エンジンオイルはまめに交換している方でもフォークは以外と見落としがちです。

ちなみにCBXやCB-FのフォークO/Hは

部品、オイル、工賃を合わせて型式にもよりますけど

約25,000円~30,000円です。

トラック付きだと部品点数も増えますし行程も増えますので約35,000円~ですね。

気になる方は点検だけでもご依頼下さい。

では、また・・・