Home » Remolog » メンテ&カスタム » Remolog/ZEPHYR 配線修正

Remolog/ZEPHYR 配線修正

まだまだ寒い日が続きますが、2ヶ月もすれば桜も咲き気持ちよく走れますね。

そんな事を考えている菅野は、Remoツー(Remotionツーリング)の日程決めました。

2013年の一発目は、4月14日(日)となります。

今年のツーリング予定も載せておきましょう!

 

1回目:4月14日(日)  2回目:5月12日(日)  3回目:6月8日(土)

4回目:7月14日(日)  5回目:9月15日(日)  6回目:10月13日(日)

 

8月は暑すぎて走りたくないので(笑)、BBQやビアガーデンなどで談笑したいと思います。

皆様のご参加を心より楽しみにしております。

ツーリング時、希望があれば菅野のCB900F試乗できますよ~\(^o^)/

では、本題へどうぞ・・・

続き

さて今回の車両はZEPHYRになりまして、東京都のM様の車両になります。

 

 

SONY DSC

メインヒューズが飛んでしまうということで引き上げに行きました。

現地で確認するとイグニッションスイッチからの配線がショートしてました。

 

 

SONY DSC

取り外してみるとこの様な状態です。

メインキーごと交換すれば簡単なことですが、タンク&シートとメインとで

鍵が2個になるのも面倒ですし、新品パーツも1万円ほどするので修正としました。

 

 

SONY DSC

溶けてしまった配線をバラします。

 

 

SONY DSC

これを・・・

 

 

SONY DSC

全てを作り直してもよいのですが、今後のメンテも考え元の配線の色は残すことにしました。

ジョイント部分でショートしないようにジョイント位置を微妙にズラします。

 

 

修正すれば問題は解決できましたが、原因はいったいなんでしょうか?

オーナー様が思うに近所で自転車などへのイタズラが起きていたので

バイクもイタズラされたのではないかと・・・言ってました。

配線の位置的にもどこかに噛み混むような取り付けではないし

自然に破れたとも考え難い・・・そうなるとイタズラが濃厚な気がします。

では、また・・・