Home » Remolog » メンテ&カスタム (Page 3)

CBX CB-Fの現状とレストアについて

140503091405035

巷では旧車は部品取り車などを用意して二個一とかしないと維持出来ないとか、オーバーホール出来ないとか聞いたりします。

しかしRemotionではCBXやCB-Fに関して正直困ったことがあまりありません。Remotionとしていろいろパーツを出していますし各ショップさんも頑張っているのでそういう状況でも無いと考えています。

勿論、転倒などによりクランクケースが割れてしまったりすれば中古部品は必要になりますが、経年劣化で悪くなる部品はどの車体でも基本的には同じなので他の車両の部品を持ってきても使えない事がほとんど。そのような状況なので今後安心して乗って行く為に部品取りが必要かどうか聞かれた場合、転倒大破しない限り必要性は感じませんとお応えしています。

それとレストアですが、ご依頼頂くといつも考えるのがどこからどこまでがレストアなのかということ。

まず全て純正部品で行うのがレストアと仮定した場合、すでに不可能というしかありません。

形が近い形状でリプロ品でもレストアとするのであればまだ充分可能です。

ただ語源の意味の復元・回復からすれば不動車あるいは走行に支障をきたしている車両を安心して安全に走れる様にするだけでもレストアと呼べる気がするんですが、どうなんでしょう。

特に日本でこの「レストア」という言葉を使った場合、とても個人差が有るように思うのです。

厳密に言えば同じ品番で出てきても当時とは全く違う部品ですし、純正部品であっても使用や取り付けに問題ないだけで明らかに形状が変わってしまっていることすらあり、それでレストアと呼ぶならリプロ品使ってもなんら変わりないのではないか、とも考えたり。それに純正部品とはいってもホンダ技研工業が制作している部品とは限らず、品質がホンダ品質というだけで各関連メーカーがホンダに納品して純正の袋に入っている訳ですし。

エンジンのオーバーホールでも、以前にも言いましたがRemotionで行っているRemotionTECHファインチューニングは仕様を大きく変更しないまでもチューニングであって確実に復元+αです。これはメカニックとして、もてるポテンシャルを引き出すことが使命と考えているのでそうしなければプライドが許さない。

出荷状態を100%として、100%に近づけることがレストアでそれを超えるのがチューニングとするとほとんどの場合がチューニングになってしまいます。塗装等の表面処理もラインの流れ作業で行う塗装より個別に指示して尚且つ塗料も進化しているので確実にクオリティが上がってしまう。

結局のところレストアとは概念でしかなく、オーナーそれぞれが持っている希望に沿って具現化していくしかないのだなと考えています。でもそれはカスタムと何ら変わらないスタンスになるのですが。

CB-F専用オイルクーラー開発中!!

昨日はいきなり暖かくなって春の陽気でしたね。

暑いのも寒いのも苦手なワガママ体質なので生活環境は一年を通して春を希望したい菅野です。

あと少しで関東はバイクにも乗りやすいシーズンとなるので待ち遠しいですね。

今年最初のツーリングは・・・千葉方面になりそうですよ!

では、本題へどうぞ!

続きはコチラ

クラッチバスケットリビルド

最近、グリップヒーター欲しいいな~って思っている軟弱な菅野です。

防寒対策をしても右手の親指だけが寒さで痺れるんですよね~

とは言え2月も後半戦。春も近いはず・・・

では、本題へどうぞ・・・

続きはコチラ

CB1300SFフルパワーキット(SC54)

大変ご無沙汰しております菅野です。

かなりの期間更新を怠っていましたが生きてます!笑

相も変わらずCB-F、CB-Rを中心に作業させてもらってます。

で、久しぶりなのに復帰がCB1300SFです!

では、どうぞ・・・

続きはコチラ

冬の冷間始動性について

この時期の始動性には苦労する時があります。特に外気温が5℃を下回り、尚且つ始動するのが1か月とか間が開いてしまうと本当になかなか火が入ってくれません。

150119-1

CB750F、CB900F、CB1100F、CBXと排気量や気筒数は違えどエンジンやキャブレターの根本的な構造は同じなのですがCBXは特に始動性が悪化する傾向がある様に感じます。これにはいろいろ要因はあるとおもうのですが、、、続きはコチラ!

CBXリフレッシュ/車体廻り

エンジンオーバーホールなどの重整備が続いていますが、勿論その様な作業ばかりでなく通常の整備も行っております。

14050101

先ずはメインハーネスの交換。HONDA車は比較的ハーネスによる不具合が少ない方だと思いますが、やはり30年以上使用していれば交換して損はありません。

続きはコチラ!

T.O.T.に向けて Vol6

今回はパワーアップ関連で唯一のパーツキャブレター。

FCRやTMRが禁止されているクラスなのでFCRは使えません。しかしCRキャブを特注するには相当コストをかけなければならず断念。

1411081

ファンネル仕様にするのですが、CBXの場合キャブレターをVの字に配列するためインマニの長さが違っています。

これを少しでも均一にするためファンネルの長さもご覧のとおり中央に向かって長くしました。続きはコチラ!

T.O.T.に向けて Vol5

来ました!日本特殊螺旋工業様へ注文していたベータチタニウムボルト、ナット類が!ずっと考えていたのですがなかなか決心がつかず、しかし先日ベータさんのCB1300SFデモ車を試乗して、エンジンもさることながらその車体も素晴らしく、その要因には少なからずベータチタニウムが働いていることは確かなので、決めました!

14111101

いやあ、随分注文したものです。しかし、日本特殊螺旋工業様の御厚意によりサポートもしていただき、感謝感激です。続きはコチラ!

メガリ整備

RemotionはMEGELLIの正規代理店となっておりますので、当然メンテナンスや修理・カスタムも行っております。

1411181

オイル交換や定期点検の他にもいろいろ作業は行います。続きはコチラ!

一体型FCR+ノーマルエアクリーナー

現在、CBX用のFCRは3連x2タイプと一体型と2種類存在しております。
性能的には全く同じですが、一体型はアクセルワイヤーが1本で済むので操作が軽くなるのが良いですね。
1407261

ただ配列がノーマルと同じV字になるので脱着にはコツがいるようになります。その点3連x2タイプは脱着はやりやすいとそれぞれ長所短所がありますので、何を優先させるかを考えて選択することをお勧めします。続きはコチラ!

T.O.T.に向けて Vol.4

フロント回りの削り物が少々遅れており、組み付けが出来ないので、その間にフロントフォークのしよう変更。

1410141

随分前にRemotionTECHとしてフォークチューニングしたものですが、レースに出るためにはやはり仕様変更が必修。続きはコチラ!

T.O.T.に向けて Vol.3

現在CBXはフロント廻りのセットアップを行っております。
1409261

メインフレームは補強含め手を入る予定はありませんが、リヤサスを延ばしキャスターを立てたのでステムを交換しなければ良いディメンションにはなりません。続きはコチラ!

WP取り扱い

WPの輸入元であり現在はWPの販売からメンテナンス・チューニングまでを行うMCインターナショナル代表の野村様が日本特殊螺旋工業の松山さんと共に来店されました。

1303251

現物を前にいろいろとお話を伺います。続きはコチラ!