Home » Remolog » メンテ&カスタム » CBX ワンウエイクラッチ修理

CBX ワンウエイクラッチ修理

CBXのスターターワンウエイクラッチが滑ってしまっており、その修理をします。

1204061

CBXの場合ワンウエイがクランクケース内なので、ケースを割る必要が有ります。続きはコチラ!

通常上から順に外してクランクケースを割るのですが、少々変則的な方法ですがケースだけを割ることも出来ます。

1204062

左右のクランクキャップを外し、クラッチカバーとクラッチ廻りを取り外します。

1204063

ひっくり返してオイルパンを外し、ケース締結ボルトを外せばケースを割ることが可能です。

1204064

勿論、割ったときにゴミなどが中に入らないよう、充分洗浄してから作業を行うのが前提です。ミッションを外しプライマリーテンショナーとプライマリーシャフトを外せばワンウエイクラッチが出てきます。

1204065

右側がノーマルで左側がリビルトして取り付けるクラッチです、全く形式や噛み込む数が違うのが解ります。

1204066

リビルト加工をしたフランジに取付完了。

1204067

ケース内に組込、その後は順に戻して完成となります。本来エンジンオーバーホールと共に行えば工賃もかかりませんが、エンジンは調子よくスターターだけが滑ってどうしょうもない時などはこの様な方法で修理することも可能です。

このエンジンに関しては他店でオーバーホールしてまだ日が浅かったのでこの様な方法で修理を行いましたが、一度もオーバーホールしていないのであればやはりオーバーホールした上で行うことお勧めします。

by Yokokawa