Home » Remolog » メンテ&カスタム » 『CB750F スタータワンウェイクラッチ リビルド』

『CB750F スタータワンウェイクラッチ リビルド』

ここ数日はとても寒いですね~

桜と雪のコラボ的な写真をよく見かけました。

4/14のツーリングで行った軽井沢ですが、翌週には雪でしたからね。

ほんとにタイミング良くて良かったです。

さて、次のツーリングは5/12ですが、群馬から日光抜けの宇都宮餃子です。

そして菅野の希望により”吹割りの滝”を道中で見学します。

では、本題へどうぞ・・・

 

続きはコチラ

 

 

さて今回の車両は、CB750Fになりまして、東京都のY様の車両になります。

 

SONY DSC

 

タイトル通りなんですが、スターターワンウェイクラッチのリビルドですね。

CB-F系はスターターワンウェイが3つのローラーしかありません。

そのクラッチが滑り出してしまったときの解決策がRemotionのリビルド品です。

ローラーを新品に変えたり、クラッチ自体を新品に交換しても残念ながら長持ちしません。

たぶん設計上の問題なのでしょうかね。

 

そこでRemotionが解決策として導き出した答えが現行車種で使用されている

ワンウェイの流用ですね。

当然、流用している車種は企業秘密ですけど、メーカー純正品なので安心ですよね。

そしてワンウェイ部分も複数のバレルタイプなので低温時などの食いつきもバッチリ!

Remotionの製品としては当然になってきてますが、車両側への加工は一切無し。

これは非常に重要なことですよね。

では、写真でご紹介させて頂きます。

 

SONY DSC

コチラがノーマル状態です。

 

SONY DSC

左がRemotionのリビルドに使うワンウェイ、右がノーマル。

 

SONY DSC

Remotionスターターワンウェイを装着した状態。見た目の変化はネジの数くらいですね。

 

SONY DSC

蓋を閉じれば元通り。

 

基本的には現在装着されているワンウェイクラッチと差し替えです。

もちろん全国通販可能なので、ワンウェイクラッチをお送り頂ければリビルド品をご返送致します。

Remotionのメーカー純正クオリティを是非体感ください!

では、また・・・