Home » Remolog » メンテ&カスタム » HONDA CBX 6GEAR組込み

HONDA CBX 6GEAR組込み

待望のCBX用6速ミッションがやっと完成し、デリバリーが開始され、組み込み1号です。

cbx6gear

オーバーホール時以外での組み込みはケースのみを割って行う作業も受けてります。続きはコチラ!まずはエンジンを下して周りを洗浄します。

151202-01

両サイドのクラッチやシフト関連を取り外していきます。

151202-02151202-03

151202-04151202-05

なかなか普段見られない光景ですが、比較的安定しております。

151202-061511202-07

ケースを分割します。

151202-08151202-09151202-10151202-11

シフトドラム周りを組み込みます。

そしてこのキットでは二つのノーマル部品を加工する必要があります。

cbx6g-1cbx6g-02

まずはR.シフトフォーク。移動量が大きくなったため5mmほど短くします。

cbx6g-04cbx6g-05cbx6g-07cbx6g-08cbx6g-09cbx6g-10

チェンジシャフトのアーム部分のリベットを外し、6速キット専用アームにカシメ直します。

設計上この二つはノーマルを使うことが出来ず、しかし専用部品を作るとさらにコストが跳ね上がってしまうので、このように加工という方法をとりました。

cbx6g-14

すべて組み込むとこのようになります。

151202-12

新しいベアリングとオイルシールを組み込んでミッションをセット。あとは元通りにすれば完成です。

もちろんテスト走行を行いました。いや予想はしていましたこんな感じになるだろうということは。しかし予想以上に乗りやすく楽しい。

自分の分の6速キットも確保していて、今使っているエンジンではなく新たに組み直したエンジンに入れようと思っていたのですが、この楽しさには替えられない。とりあえず使い古しでもなんでも自分の動いているエンジンに組み込んで、そうすればいろんな人に試乗してもらうこともできるし、という考えに変わりました。

新たにエンジン組み上げるといっても1年以上確実にかかるでしょうから、来年早々にはレーサーCBXを公道仕様に戻して6速組み込んだ試乗できるCBXを造ります。