Home » Remolog » メンテ&カスタム » CBXリフレッシュ

CBXリフレッシュ

CBXの車体周りをリフレッシュ。

15072501

まずはフロントフォークから。続きはコチラ!

15072502

15072503

オイルの劣化は動きが悪くなるので、オイル交換だけでも定期的に行ったほうが良いです。この辺りの年式はドレンがあるのでオイル交換だけであればフォークを外す必要もありません。

15072504

15072505

オーバーホール時は必ず曲がりの点検をしますが、今回は3/100で修正せずに済みました。

15072506

各部の洗浄して組立。

15072507

次はリヤブレーキ。

15072508

マスターはこんな状態。リヤマスターは雨もかぶるので錆びやすく、時々ブーツめくって確認した方が良いです。

15072509

キャリパーも同じように腐食がでてピストンも錆びています。

1572510

15072511

マスターはここのリターンポートが詰まっている事も多く、ポートの清掃をしないと折角オーバーホールしてもキャリパーピストンの戻りが悪いなんて事も起きます。

15072513

次はハーネス交換、カプラー部の腐食が酷いです。

15072512

断線やショートなど致命的なトラブルは少ないのですが、カプラー接続部が腐食するとその抵抗で熱を持ちカプラーを溶かしてしまう事が有ります。特に一番電器の流れるメイン電源部分は溶けているのを何台も見てきました。

15072516

そしてイグニッションコイルは、

15072514

15072515

ここまで深いクラックが入ると雨の日などは確実にリークしますね。

15072517

コードもキャップも全て交換してリフレッシュ。コイルもコード全て今のところ純正部品が出てます。

一度手を入れたところは当面なんら心配なく乗れるので、何か不安があれば順番に修理していく事をお勧めします。