Home » Remolog » メンテ&カスタム » CBXリフレッシュ/車体廻り

CBXリフレッシュ/車体廻り

エンジンオーバーホールなどの重整備が続いていますが、勿論その様な作業ばかりでなく通常の整備も行っております。

14050101

先ずはメインハーネスの交換。HONDA車は比較的ハーネスによる不具合が少ない方だと思いますが、やはり30年以上使用していれば交換して損はありません。

続きはコチラ!

14050102

この箇所を中心に前後のハーネスを取り外して行きます。エンジンが搭載されている状態でもエアクリーナー部分が少々きついぐらいで比較的交換しやすい車種です。

14050103

14050104

外したハーネスと新品ハーネス、見た目でもその劣化具合は歴然。

14050105

14050106

14050107

こちらも新旧カプラー、端子部。端子が腐食するとそこに抵抗が出来て発熱する場合があります。特にメイン電源部のカプラーは流れる電流も他の部分より多いので、中にはカプラーそのものが溶けてしまっている車両も見かけます。

14050108

ハーネスの次はブレーキ廻りをリフレッシュ。

14050109

キャリパーとマスターを分解、洗浄しシール溝に溜まった腐食を綺麗に取り除いて行きます。

14050110

ピストンやカップ類を新品に交換し、リヤリザーバーホースも新品に交換して一通り終了。

14050115

次はフォークのオーバーホールです。フォーク分解時は必ずインナーチューブの曲がりをチェックします。

14050111

14050112

今回は限度値内4/100でしたのでそのまま再使用出来ました。

14050113

14050114

各部洗浄を行い、メタルやシール類を交換して完了となります。

ここまで行えばおおよそ普段車体廻りの整備は一安心ですね。今回はこれにクラッチの滑りが発生していたのでクラッチディスクを交換しました。

14050116

14050117

滑って焼けているのが解ります。クラッチディスクは通常フェーシング部が減って滑る事はありません。大概の場合長く使用したことによりフェーシングが焼けてきて滑ってしまいます。

クラッチプレートはまだ純正がありますが、ディスクの一番外側が廃盤になってしまっております。Remotionではセットになったリプレイスをご用意しておりいますのでお困りの時はご利用下さい。

・クラッチディスクセット