Home » ニュース » CBX(nk)エンジン オーバーホール②

CBX(nk)エンジン オーバーホール②

今回使用するピストンはリプレイスピストンなので、トップの鋳肌を落してから重量合わせを行います。

コンロッドの重量合わせ。

ミッションドッグ部のバリ取り。

シフトフォーク&ドラム、ストッパーの摺動部をポリッシュ。スターターワンウエイは既に滑りが発生しているので無条件にリビルト。

メインスタッドだけは耐熱で再塗装してから組立て。クランクケース内部も単体で洗浄すればかなり汚れを落とすことが可能です。

バルブポリッシュとポートのスムーシン。シリンダー上面とシリンダーヘッド面は歪み分だけを取るために研磨加工。

カムシャフトジャーナル部はラッピング。

タペットクリアランス調整は初期なじみを考えての調整し、ほぼ完成。

大きな問題もなく組み上げられました。